究極の純米大吟醸 花薫光

¥12,960 (税込)

容量:720ml

在庫切れ

商品カテゴリー: ,

商品説明

地元茨城県・笠間市での特別契約栽培コシヒカリを27%まで超高精白して長期低温発酵により仕込まれた究極の純米大吟醸。米には徹底的にこだわり、栽培中に目の届かない品種名だけのブランド米を捨てて、地元産に変更。常に20年先を見据えた日本酒のあり方を唱え、かつて生酒を市販化に踏み切った先駆者は、今再び常識をくつがえそうとしています。とはいっても、大半の日本人は米のブランド信仰で脱落するでしょう。品種が変わっても須藤本家の味に仕上がるのは酒造りの命である「水」と、酵母、そして技によるものです。海外での評価は日本人の想像をはるかに超えており、メディアが伝える「海外での日本酒人気」とは次元の違う世界です。

洋ナシやライチ、パイナップルなどの香りが強く、その芳香が話題になりますが、シルクを重ねたような繊細な味わいが幾重にも感じられる奥深さを秘めています。